調理師免許の合格率は?

資格試験や国家試験など、試験の度に合格率などが発表されることが多いのですが、調理師免許の場合私はこの合格率というものを見たことがありませんでした。

参考書を勉強しているときなどは、そこまで難しいとは思わなかったのできっと合格率も高いだろうぐらいしか思っていなかったのですが、試験を受けた後に調べてみると調理師試験の合格率はおよそ60%~70%程度であろうということです。

何ともはっきりしない数字ではありますが、私が様々な資格試験を受験した経験からすると、問題の難易度からするとおよそこの合格率が妥当なところだと思います。

ここで参考として、他の資格試験の合格率も見てみましょう。

  • 看護師試験:90%以上
  • ファイナンシャルプランナー3級:60%程度
  • 介護福祉士:45%程度
  • 高校卒業程度認定試験(大検):40%程度

この4つの資格の内、上にある2つは世の中のある資格試験の中で最も簡単なものの部類とされる合格率です。
看護師試験の90%はちょっと特殊な理由ではありますが、ファイナンシャルプランナー試験の60%程度というのを見ると、やはり調理師試験もこの部類に入るということになるでしょうか。

つまり調理師試験の難易度は決して高いものではないと言うことです。

しかしいくら難易度が低いといっても、当然しっかりと勉強をしなければ合格しないものというのも事実です。

特に調理師試験はほとんどの場合年に一度しか行われませんので、失敗を避けるためにも準備だけはしっかりとしておくようにしましょう。


このページの先頭へ