試験に合格するための買うべき本

さぁ調理師免許を取るぞ!と考えたらまずすべきは調理師試験用の参考書を買うことですね。
調理師試験の問題は普通に私たちが生活をしていても、また実際に調理師として働いていたとしても全く普段接することのない知識というものが必要になりますので、試験に合格しようと思ったら参考書のようなものは必ず必要になります。

私も調理師試験などは、料理に関することなどが出題されると受験をする前は思っていましたので、実際に問題集などを見てこれには驚いた記憶があります。

そこで私がおすすめしたい調理師試験の参考書がこれです。

★調理師読本★

この参考書は随分前から受験者に非常に評価が高いと聞いて私は購入したのですが、内容は本当に教科書っぽく非常に濃いです。
こんな説明ではちょっとイメージしにくいかもしれませんが、この本を読んでちょっと難しいな。。と思ったのがやはり正直な感想でしたね。

しかし試験合格のためと思うと、この参考書はやはり非常に有用で、問題集を解きながらちょっと分からない箇所などがあると、すぐにこの参考書を読んで納得していました。

私が調理師試験のために購入した本はこの調理師読本と問題集が1冊ずつ。
たったそれだけでも試験に合格するためには十分でした。

本屋などでさらっと読むと、ちょっと挫折したいような気分にさせられる参考書ですが、問題集と一緒に持っていると非常に心強い味方となってくれるものですので、調理師免許を目指している方はすぐに本屋で実際に見てみるようにしましょう。


このページの先頭へ