調理師免許の取得方法

調理師免許を取得する方法は大きく分けると2つあります。
まず一つ目は国家試験である調理師試験を自分で受験して合格する方法。

この方法だと参考書を自分で購入したり、もちろん勉強もしなければならないので、大変だと言ってしまえば大変です。
しかししっかりと勉強をしさえすれば上手く行けばほんの数ヶ月で取得も可能ですし、参考書や受験料以外の費用もほとんど掛かりませんので、やる気さえあれば費用と時間を大幅に節約することもできます。

ただ自分自身の力で勉強と言ってもそう簡単なことでもありませんので、場合によっては通信教育などの受講も考えておくのも一つの手段だと思います。

そしてもう一つの方法が、調理の専門学校に通うというものです。

調理の専門学校に通うと、そこを卒業をして簡単な申請をするだけで調理師免許は取得することができます。
これは事前にそのことを学校に確認しておく必要がありますが、ほとんどの調理専門学校ではこのような形態をとっているはずです。
調理の専門学校に通うと、調理師免許のための知識だけではなく、調理の技術も同時に教えてくれますので、調理師として確実なスキルアップをすることができるというのが何よりの魅力でしょう。

この調理専門学校は多くの場合卒業するまでに1年程度必要となりますが、夜間に通える学校も増えており、学生に限らず社会人でも受講は可能です。

学費と期間など独学の方法に比べると、ちょっと負担も大きくなるこの方法ですが、就職のサポートなどもしてくれるところを選べば、十分にメリットも得られる方法ではないでしょうか。


このページの先頭へ