英検3級の範囲と優遇措置

英検3級の出題範囲は中学卒業程度の知識とされていますので、中学3年生までで習ったことが主な出題範囲と一般的にされており、問題を見る限りこれに大きな誤差はないように思います。

そうなると、英検3級を取得できるのは中学を卒業してから?
ということになりますが、中学2年生などでもちょっと先取りして合格してしまう人も結構いますので、一概にそうは言えないでしょう。

かといって中2の時点で英検3級合格はちょっとしたチャレンジとなるということは間違いないです。

英検3級は大学受験に対してはそこまで優遇措置というものはありませんが、高校受験の場合は公立でも私立でも優遇措置を設けているところは多くあります。

これに関してはそこまで意味ないという方も多くいらっしゃると思いますが、やはり何も持っていない人よりも持っている人の方が良いというのは間違いありません。

ですので、勉強期間も考えるとやはり中2から中3に上がったときから英検3級の取得は考え出し、そこから徐々に自分のペースで勉強して夏場から秋にかけて早めに取得するとが一番理想的な英検3級の取得の時期となるでしょう。



このページの先頭へ