簡単!英検1級の単語対策と勉強法

英検では2級の段階で英文法の知識は一通り揃えてしまうので、英検1級ではあまり文法というものは重視されません。

これはもちろん文法を知らなくても良いということではないのですが、文法はもう知っていて当然というスタンスで試験が行われるためです。

その代わりに英検1級になると非常に難易度が上がるのが、単語です。

英検1級の合格のための覚えるべき必要単語数を見ると10000~15000語となっており、2級はもちろん準1級と比べてもその数は倍近い数字になっています。

英作文や長文問題の難易度と同時に考えると、この覚えるべき単語の数は非常に難易度圧倒的に高いと言えるのではないでしょうか。

「英検1級は単語テストのようなものだ!」

なんて声もたまに聞きますが、あながちこの言葉も間違いではないかもしれません。

英検1級の単語対策!

私が英検1級のための勉強をしていたときも、当然この単語の対策には色々と試してきました。

その中でも私が一番効率が良いと感じた単語の勉強法をご紹介します。

単語を効率的に覚えるために必要なものは、まず英字新聞やTIME誌などの洋雑誌と辞書、そしてマーカーです。

まずは英字新聞などをざっと読んでいき、分からない単語を見つけたときにはそれにマーカーで印をつけ、同時に辞書で意味を調べます。

そのときに同時に、その単語だけではなく、単語がある一文を和訳しながら読み返して見ます。

そして一つの記事、もしくは全体にマーカーでチェックするまで同じことを続けます。

そしてそれが終わったら、また頭から同じ新聞を頭から読んでいきましょう。

その際、前に分からなかった単語のところが読めるようでしたらそのまま読み進め、もし忘れていたらまた辞書で調べなおします。

この作業を全部とは言わないまでも、ある程度の文章が理解できるようになったら、次の新しい新聞や雑誌に移ります。

そして同じ作業をまた繰り返します。

この勉強法でしたら、わざわざ机に向かわなくてもベッドの上などで十分することができます。

寝る前などの15分などを使って、なるべく毎日続けるようにしてみてください。
ちなみに私はこの勉強法とちょっと単語帳を補助として使っただけで、1級の試験に出たほとんどの単語を理解することができました。

決して難しい勉強法ではなく、しかも効果も抜群ですので、是非お試しくださいね。



このページの先頭へ