英検対策について

英検は難しいというイメージを持っている方が多いかもしれません。
中学生になって初めて英語というものに接するようになり、その英語の授業についていこうが、ついていかれなかろうが、どんどん授業は進んでいくことになります。

部活や友人との交友などに忙しい中学生ですから、ちょっとの油断で英語の授業についていけなくなくなるなんていうことも良くある話です。

そんな状況の中であるとき強制的に受けさせられた英検をやってみて、全然分からなかった…。

だから私には英語、英検なんて無理!

もちろんこれは中学生に限らず、高校生、もしくはそれ以上の方でも同様のことを経験していることです。

しかし、実際には同じ状況で同じテストを受けたにも関わらず、しっかり合格をしている人も中には必ずいるはずです。

そんな人を見て、「あいつは頭がいいんだよ。」ともしかしたらあなたは思っているかもしれません。

もし、あなたがそんな風に思っているのなら、それはとてもラッキーなことです。

だってあなたも簡単に頭が良くなれるんですからね!

英検対策は時間対策?

英検対策

英検に合格するためには、何も自分の頭をよくする必要はありません。

学生時代には勉強ができる人は頭が良いということになるかもしれませんが、大人となると勉強で得た知識を応用して自分なりの意見や行動などを作りだせる人が頭が良いとされます。

大人になってしまえば、やればできることができたところで頭が良いとは誰も認めてはくれないんです。

英検では1級などになってくると、自分で考える力というものも必要となってきますが、2級まででしたらそこまで求められることはありません。

つまり英検は2級までだったらとにかく勉強をしさえすれば合格できるということです。

頭の良し悪しではなく、どれだけ英検のために時間を費やしたか。

結局のところ、これが英検の最大の対策法ということになります。

勉強法で英検対策の時間を短く!

英検対策

時間さえしっかりかければちゃんと英検には合格できる!と書きましたが、どうしても英検対策に使える時間というものも限られてきます。

そこで必要となってくるのが、英検合格というゴールにたどりつくまでのしっかりした道しるべです。

英検の場合はその道しるべは勉強法ということになるでしょうか。

どんなに遠回りしても寄り道しても、時間さえかければゴールにたどり着くことは不可能ではありません。

しかし、ゴールまでの道のりには必ず最短距離というものも存在します。

英検合格というゴールを見つけたら、次はそこにどうやって短期間でたどり着くことができるのか。

このサイトを見て是非その勉強法のヒントを見つけ出してみてください。

このページの先頭へ